5・9西武戦でピンクリボン運動

5・9西武戦でピンクリボン運動

ソフトバンクは5月9日の西武戦(福岡ヤフードーム)で、乳ガンの撲滅と早期受診を啓発する「ピンクリボン運動」に協力した取り組みを実施すると21日に発表した。試合でピンク色のベースを使用するほか、選手がピンクリストバンドを着用してプレーする。このリストバンドは800円で販売もされ、収益の一部はピンクリボン運動を行っているNPO法人へ寄付される。選手会長の川崎宗則内野手(28)は「乳がんの検診をすすめるなど、大切な人を守るための運動に賛同してもらえれば」とコメントした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大館市立総合病院に「がん患者サロン」開設 »
« 滋賀、石綿で教諭初の労災認定へ 中皮腫死亡は公務に起因