団鬼六さん、食道がんを公表 手術拒否「生を満喫する」

団鬼六さん、食道がんを公表 手術拒否「生を満喫する」

腎不全の治療を続けている作家の団鬼六さん(78)が、食道がんになったことを明かした。22日発売の「小説新潮」5月号に「残日録・春――我、ガンになりたり」という手記を発表している。自身のホームページでも同日、「現在、治療経過、至って良好」と記している。

 手記によれば、今年1月に食道がんを告知され、ステージ2であるとわかった。手術を受ければ5年生存率は60%と告げられたが手術は拒否し、放射線治療を選んだという。

 ホームページの「ファンの皆様へ」というあいさつでは、「我は死なぬ為(ため)に延命するは望まず。大いに仕事し、大いに楽しみ、生を満喫するために死ぬまで生きることを欲す」と記している。

 団さんは、2004年ごろから腎不全を患い、当初は人工透析を拒否したことで話題になった。ここ数年は人工透析をし、執筆活動を続けていた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


東近江元教諭の中皮腫死は公務災害 »
« 三原名産 タコで大腸がん抑制?