がん・在宅緩和ケア 支援機関リスト 港区作成

がん・在宅緩和ケア 支援機関リスト 港区作成

がん患者が痛みや不安を取り除きながら自宅で療養できるよう、在宅緩和ケアに取り組む港区は、在宅療養を支援する区内機関のリストを作った。保健所や支所、地域包括支援センターで配布。身近に支援機関があること自体知らない区民もいることから、利用を呼び掛けている。

 区内には、都認定のがん診療病院4カ所をはじめ、24時間往診・訪問看護ができる診療所15カ所と訪問看護ステーション9カ所がある。相談窓口として、五つの支所と地域包括支援センター、民間の相談機関も掲載。住所や電話番号など一覧表と地図を付けた。

 がんは男性の2人に1人、女性の3人に1人がかかるとされる。緩和ケアは、がんと診断されたときから患者や家族の心や体のつらさを和らげる。区は旧国立保健医療科学院(白金台)に拠点となる支援センターを開設するため検討を進める一方、開設を待たずにモデル事業を始めた。在宅療養中の区民が容体急変時に利用できるよう、昨秋から北里大北里研究所病院(白金)に1床を確保。本年度は相談に応じられる病院も1カ所設ける。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ゴールドリボンウオーキング:小児がんを支援 日比谷公園に3000人 /東京 »
« がん:早期発見や治療法の講演会 盛岡で240人 /岩手