C型肝炎・肝がん治療法など解説さいたまで公開講座

C型肝炎・肝がん治療法など解説さいたまで公開講座

 「C型慢性肝炎・肝がんの診断から治療まで」をテーマに県肝疾患診療連携拠点病院等連絡協議会とシェリング・プラウ共催の「市民公開講座」(県、埼玉新聞社など後援)が25日、さいたま市大宮区のJA共済埼玉ビルで開かれた=写真。

 同講座では、甲嶋洋平・さいたま赤十字病院内科部長がインターフェロン投与による治療法などを実例を挙げて解説。続いて並木淳・県保険医療部疾病対策課主幹が、県が推進する肝炎インターフェロン治療医療費助成の仕組みや申請方法を説明し、会場からの質疑応答を受けた。

 その後、日本肝臓学会主催で5人の医師による医療相談会も行われた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


白血病ウイルス検査推奨へ 学会が診療指針見直し »
« 成人T細胞白血病防止、全妊婦に血液検査方針