がん治療認定医1928人増で7890人に

がん治療認定医1928人増で7890人に

日本がん治療認定医機構は4月28日、新たに1928人の「がん治療認定医」を認定したと発表した。これにより、「がん治療認定医」の総数は7890人となった。また今回、「がん治療認定医(歯科口腔外科)」を新設し、47人を認定した。同機構の今井浩三理事長は今回の認定医の特徴として、病院の第一線で活躍し、患者さんと触れ合うような世代だと指摘し、「こうした若手の認定医が増えることで、がん医療は前進するだろう。患者さんの役に立つ若手認定医が増えることをとても楽しみにしている」と語った。認定医には5月17日に認定証が交付される予定だ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大和路密着:「県ホスピス勉強会」結成10年 検診受診率アップ目指す /奈良 »
« カルシウム摂取で乳がん予防