粒子線がん治療財団に九電が39億円寄付へ

粒子線がん治療財団に九電が39億円寄付へ

九州電力は28日、鳥栖市の「九州国際重粒子線がん治療センター」の医療運営を担う「佐賀国際重粒子線がん治療財団」(鳥栖市)に、39億7000万円の寄付を申し出た。来年度から数年に分割して寄付する予定で、1件あたりでは同社最大の寄付額という。

 県粒子線治療普及グループによると、センターの総事業費は約150億円で、2013年春の開業を目指している。県は補助金20億円を拠出し、残りは寄付金88億5000万円、民間企業の出資41億5000万円でまかなう予定。

 同財団には、古川知事や松尾新吾九電会長らが顧問に名を連ねており、九電は、九電工、久光製薬とともに計4500万円を出資して、施設の建設・管理を行う特別目的会社(SPC)を設立している。

 九電佐賀支店の大坪潔晴支店長は寄付の理由を「事業の公益性、地域社会への有用性が高く、重要な電源立地地域の佐賀県に協力することは、地域との信頼関係の強化につながるため」と説明している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


カルシウム摂取で乳がん予防 »
« 子宮頸がんワクチン助成 甲府市方針 県へ支援要請