がんと闘う母は気丈「まだまだこれからですから」

がんと闘う母は気丈「まだまだこれからですから」

【長谷川、王座陥落】長谷川の父・大二郎さん(54)と母・裕美子さん(54)は、リングサイドから試合を見守った。

 裕美子さんは無念そうな表情を浮かべ「受け入れるしかないですよ。勝負ですから」と静かに話した。5年以上も世界王座を守り続ける息子に元気づけられるように、母はがんと闘ってきた。長谷川のここまでの歩みを聞かれると「終わったみたいに言わないでください。まだまだこれからですから」と気丈に振る舞った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん予防ワクチン助成へ動き 由利本荘市と潟上市 秋田 »
« 「情報イーゼル」設置 県立がんセンターが医療冊子