がん対策募金は総額6億6950万円 島根難病研究所が報告

がん対策募金は総額6億6950万円 島根難病研究所が報告

 財団法人島根難病研究所は7日、松江市内のホテルで「がん対策募金」の賛同人会議を開き、2007~09年度の募金総額は6億6950万9064円だったと報告した。目標としていた7億円をやや下回った。

 募金総額のうち6億1千万円は、県内6病院のがん治療機器の整備に使うことを既に決めている。経費を除いた残りの未配分金4474万927円はがん専門医の養成に充てることを決めた。

 がん対策募金は07年7月に3カ年計画で始まった。09年度で一区切りするが、10年度以降も規模を縮小して継続し、寄付金をソフト事業に活用する。

 同研究所の江口博晴理事長(71)は「これらの募金はみなのがん撲滅への思いの結晶。温かい支援に感謝する」と話していた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


骨肉腫:右脚を切断…失意克服、練習に励む 夢はパラリンピックで金メダル /宮崎 »
« がん検診推進会議設置 広島県