「乳がん検診ぜひ」母の日呼びかけ 伊勢

「乳がん検診ぜひ」母の日呼びかけ 伊勢

 乳がんの体験者らでつくる「あけぼの会」の三重支部のメンバー約20人が9日、全国一斉の「母の日キャンペーン」として、伊勢市の伊勢神宮外宮前でマンモグラフィ(乳房エックス線撮影)の検診を呼びかけ、参拝の女性らに自己検診用グラブとポケットティッシュを配布した。

 キャンペーンは正午から1時間行い、メンバーは「乳がんから命を守ろう」と書いたのぼりなどを手に、参拝者らに声をかけた。また、「相談したいが人の目が気になる」という女性のために、近くのいせ市民活動センター南館に相談コーナーも設けた。支部長の小野節子さんは「まずは自己検診をしてほしい。気になったら、迷わず私に相談してもらえたら」と話している。小野さんの連絡先は090・2944・4773。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「乳がん早期発見へ検診を」 天神でも街頭キャンペーン »
« がんと闘いながら「命の授業」を続ける