タカラバイオ(4974)は前日比+15%の大幅高 がん免疫細胞療法の有償提供開始で関心集める

タカラバイオ(4974)は前日比+15%の大幅高 がん免疫細胞療法の有償提供開始で関心集める

京都府立医科大学との間における、レトロネクチン拡大培養法を用いたがん免疫細胞療法である「レトロネクチン誘導Tリンパ球療法」の臨床研究を終了し、主要評価項目である安全性を確認したと発表。

今回の臨床試験結果を受けて、タカラバイオの技術支援のもとで医療法人社団 医聖会 百万遍クリニック(京都市)ではレトロネクチン誘導Tリンパ球療法の有償治療を5月13日から開始し、百万遍クリニックに対してレトロネクチンを用いた細胞加工技術支援サービスを有償で提供するという。

活性化リンパ球療法の技術支援サービスと今回の新サービスの売上高は11年3月期に1.5億円を見込むとしており、収益寄与を期待した買いが活発化。年初来高値を更新している。   

マザーズのタカラバイオ(4974)の株価は10時28分現在、31,200円高の248,900円。

一時は、251,000円まで上げ幅を拡大。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん早期発見を 体験者ら呼びかけ »
« 「乳がん検診受けて」母の日にアピール