タカラバイオが新高値、がん免疫療法の臨床研究で安全性確認

タカラバイオが新高値、がん免疫療法の臨床研究で安全性確認

タカラバイオ <4974>が東証マザーズ市場で一段高し年初来高値を更新。7日に会社側が京都府立医科大学(消化器内科吉川敏一教授・古倉聡准教授のグループ)と行っていたがん免疫細胞療法の臨床研究を終了し、安全性を確認したと発表し、好感買いを集めている。医聖会百万遍クリニック(京都市)で有償治療を5月13日から開始する。

  同社では「当該売上見込みを反映したうえで、本年5月11日に、平成22年3月期決算短信における平成23年3月期業績予想を発表する予定」としており、増益期待が膨らんだ格好だ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がんフォーラム:さいたまで開催 /埼玉 »
« 乳がん検診:母の日に呼び掛け--患者の会島根支部 /島根