母の日に合わせ乳がん検診訴え 松江と隠岐の島

母の日に合わせ乳がん検診訴え 松江と隠岐の島

母の日に合わせ、乳がんの自己検診を促す街頭キャンペーンが9日、松江市と島根県隠岐の島町であった。乳がん患者でつくるあけぼの会島根支部が定期検診を呼び掛けた。

 松江市のショッピングセンターの松江サティでは、会員や県職員ら20人が「お母さん、乳がんで死なないで!」と書いたポケットティッシュ約千個と検診用手袋約500個を買い物客に配った。

 竹田美代子支部長(54)は「子どもを残して亡くなるお母さんを一人でも少なくしたい。勇気を持って検診を」と訴えていた。

 検診車を使ったマンモグラフィー検診も松江市では初めて、同日開催した。36都道府県での全国一斉キャンペーンの一環で、今年が26回目になる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん:検診呼びかけ 患者の会、街頭活動や報告会 /福岡 »
« 「がんに負けない」女子柔道家 母校でコーチ