タカラBIOが急反発、同社特許のがん免疫細胞療法で有償治療開始

タカラBIOが急反発、同社特許のがん免疫細胞療法で有償治療開始

遺伝子研究用試薬などを手掛けるタカラバイオ <4974> の10日は急反発。一時5万円ストップ高の26万7700円まで買われ、6日に付けた年初来高値を更新した。
 7日、同社の特許技術を用いたがん免疫細胞療法「レトロネクチン誘導Tリンパ球療法」の臨床研究が京都府立医科大学で終了し、安全性を確認したと発表。併せて、医聖会・百万遍クリニック(京都市)で同技術による有償治療を5月13日から開始することを明らかにした。
 タカラBIOでは、従来から行っていた活性化リンパ球療法の技術支援サービスと今回の新サービスについて、11年3月期に売上高1億5000万円を見込むとしている。
 10日終値は3万7300円高の25万5000円。
提供:モーニングスター社

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんに負けない」女子柔道家 母校でコーチ  »
« 乳がん検診:母の日に呼び掛け--患者の会島根支部 /島根