生きる:小児がん征圧キャンペーン 27日にコンサート 高英男さんしのんで /東京

生きる:小児がん征圧キャンペーン 27日にコンサート 高英男さんしのんで /東京

◇杉並
 音楽を通じて闘病中の子供たちを支援する「清水康子『ひとつ』の会」は27日、杉並区西荻南3のライブスペース「奇聞屋(きぶんや)」で、「天使の泉チャリティーコンサート 高英男(こうひでお)さんメモワール」を開く。天使の泉は、毎日新聞の小児がん征圧キャンペーン「生きる」に賛同するシャンソン歌手の清水さんらが96年から続けているもので、今回で41回目。

 コンサートでは、「枯葉」を初めて日本に紹介した日本人男性シャンソン歌手の第1号、高英男さんをしのぶ。

 高さんは、08年秋に清水さんと話をした時、天使の泉について「僕でお役に立つようだったら、声をかけてね」と協力を約束していたという。在りし日の高さんの映像を流したり、清水さんらが「雪の降る町を」などのヒット曲を歌う。

 コンサートは午後1時開演。会費は1万円(食事、1ドリンク付き)。収益は、毎日新聞東京社会事業団を通じて小児がん征圧募金に寄託される。問い合わせは、清水康子「ひとつ」の会(電話090・2431・6910)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン シャンソン歌手・清水さん、征圧願い寄託 /東京 »
« 飲酒で、リンパ系腫瘍リスク低下の可能性を示唆