がん診断特許で人気化のトランスジェニックが減額修正を機にS安に

がん診断特許で人気化のトランスジェニックが減額修正を機にS安に

トランスジェニック <2342>が東証マザーズ市場でストップ安売り気配。10日に会社側が2010年3月期の経常赤字を従来予想の3.7億円から3.89億円に減額修正し、失望売りが出ている。最終赤字も3.75億円から5.79億円に拡大。食品事業で営業経費が増加したほか持分法投資損失を計上した。

  同社は4月20日に、尿サンプルによるがん診断の測定に関する特許が米国で成立したと発表し、株価は急騰していたが、減額修正を機に売りが殺到している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


耳・鼻・のど 耳下腺腫瘍:1 何げなく触ったほおにこぶ »
« がん募金 3年で7億円…島根難病研究所