がんイベント支援を 愛媛県議ら知事に要請

がんイベント支援を 愛媛県議ら知事に要請

がんについて考える市民参加型のイベント「リレー・フォー・ライフ2010inえひめ」の10月開催に向け、イベント実行委員会のメンバーや愛媛県議会がん対策推進議員連盟の岡田志朗県議らが12日、県庁を訪れ、加戸守行知事にイベントへの支援を要請。加戸知事は名誉実行委員長就任を快諾した。

 同イベントでは、全国のがん患者や家族、市民らが松山市の城山公園周辺を24時間かけて周回し、がん検診の受診促進や命の大切さを訴えるほか、募金を呼びかける。集まった募金は経費を除いて日本対がん協会に寄付される。

 今年度は全国20カ所で同様のイベントが開催されるが、愛媛では県がん対策推進条例が4月に施行されたこともあり、松本陽子実行委員長は「条例にある県民総ぐるみを象徴するイベントにしたい」と抱負を述べた。

 加戸知事は「イベントが成功することを願っています」と支援を約束した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん研究を支援 15日に「生命の駅伝」 大阪城公園 »
« 子宮頸がん予防ワクチン 小6に公費接種