トレックなどが癌患者サポートプログラムを開始

トレックなどが癌患者サポートプログラムを開始

自転車メーカーのトレックが、癌撲滅基金を募るランス・アームストロング財団のリブストロングとともに2010年シーズンを通して癌患者サポートプログラムの「ユニティ」キャペーンを開始する。アームストロングはユニティバイクでツール・ド・フランスに参戦するという。

「ユニティ」は、癌に関心を持ってもらうこと目的とした活動。癌を克服した人や癌と戦う人の名前が記載されたステッカーをツール期間中、アームストロングや所属するラジオシャック選手のバイクに貼付する。
 キャンペーンでは、ウェブを通じてステッカー、ボトル、ポスターを作成するこができ、その売上の一部が寄付される。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


追跡・発掘:子宮頸がん 理解進まず受診率低調 4市町村で予防接種助成へ /山梨 »
« 耳・鼻・のど 耳下腺腫瘍:3 悪性化への不安