小沢幹事長 がん体験を披露

小沢幹事長 がん体験を披露

「私自身も40年ばかり前、がんにかかり、たまたま早期に発見できたのでいまだ元気でおりますけども」

 民主党の小沢一郎幹事長は13日、参院選公認発表のため広島市で行った記者会見で、自身のがん体験を告白した。

 広島選挙区の候補は乳がん患者の友の会の代表。小沢氏は「国民にとってがんの克服は大きな問題。政府として真剣に対策を講じていきたい。マニフェスト(政権公約)にも強く書く」と強調した。

 小沢氏は、昭和44年の衆院初当選直後に甲状腺(こうじょうせん)がんがみつかり、即座に手術を受けた。長く公表されていなかったが、平成19年11月のテレビ出演で「手術で声が出なくなり、政治家を辞めようかと思った」と語り、周囲を驚かせたことがある。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【ATL―成人T細胞白血病―制圧へ】治療薬研究 学生挑む 福岡大薬学部 「待っている人いる」 »
« 民主が広島で2人目擁立 乳がん患者団体役員の中川氏