ディスポーザブル把持鉗子LA「EndoLifter TM」 発売

ディスポーザブル把持鉗子LA「EndoLifter TM」 発売

オリンパス株式会社  2010/05/14
~早期の胃がんにも適用可能な高度な手技をサポート~

オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、早期の胃がんにも適用可能な胃の内視鏡的粘膜下層剥離術(以下、「ESD」)の簡易化を目指して開発した内視鏡用処置具「EndoLifter TM」を、2010年5月下旬より国内で販売を開始します。また、北米、欧州、アジアでも各国の法規制対応後に販売を予定しています。

「EndoLifter TM」は、ESDにより病変を切除する際に内視鏡の管の先端から出すナイフ類と併せて使用するもので、切除する病変の周囲を掴んで、切除しやすくするための処置具です。例えると紙を切るときの紙を押さえる手のようなもので、ナイフだけで切ることに比べ、よりスムーズな切除をサポートします。

高度な内視鏡操作技術が必要とされるESDでは “より簡便な病変切除”が課題とされていますが、本製品は、その解決策のひとつとして当社が導入する新しい発想の製品です。

なお、本製品は、5月13日~15日までグランドプリンスホテル新高輪ほかで開催される「第79回日本消化器内視鏡学会総会」に出展されます。

■主な特長
1.内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の簡易化に貢献
胃の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)施術時に、本製品で粘膜を持ち上げることにより、内視鏡の操作性が向上し、剥離時に粘膜の下に内視鏡を潜り込ませ切除を行う操作をサポートします。

2.内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の手技時間短縮化に貢献
本製品で粘膜を持ち上げることにより、病変を切除しやすくするために行う局注(病変を膨らますこと)の回数削減と手技時間の短縮化が期待出来ます。

3.内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)のリスク軽減に貢献
本製品で粘膜を持ち上げることにより内視鏡による広い視野が確保できるため、血管が視認しやすくなり、予防止血や出血時の対応が容易になることが期待できます。高度な内視鏡操作技術が必要とされる内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)のリスク軽減に貢献します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


風香、がんの危機…ブログで子宮の病気公表 »
« がんの新治療法 久留米大が試験 患者の参加募集