乳がん遺伝子で高精度診断/福島医大が成功

乳がん遺伝子で高精度診断/福島医大が成功

福島医大は、日本人の乳がん組織を遺伝子レベルで高精度に調べる診断方法の開発に国内で初めて成功した。

切除手術後の治癒の見通しや進行の可能性を判断でき、化学療法など、より適切な治療が可能になると期待される。

膨大な乳がん組織のサンプルを基に乳がんの種類を特徴づける23種類の遺伝子を突き止めたことで可能になった。

同大は臨床試験を重ね、診断方法の精度をさらに高める

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診 »
« 耳・鼻・のど 耳下腺腫瘍:4 カルテに「低悪性度」…もう逃げない