自分の“寿命”を賭けた末期がん患者、3度目の勝利を目前に力尽きる。

自分の“寿命”を賭けた末期がん患者、3度目の勝利を目前に力尽きる。

ある英国の男性は4年前、自身ががんに侵され末期であることを知った。医師から告知された余命は最長で25か月。寿命のカウントダウンを告げられた男性はそれに反発するかのように、自分の生死を対象にした賭けをブックメーカーと競うことを決意する。以降、彼は「1年先まで自分が生きてるか」の賭けに2度勝利。医師の宣告などどこ吹く風、余命期間を軽く超えて生きていたのだが、6月に迫った3度目の賭けの期日を迎えることはできず、その生涯を閉じた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ログハウス:がん手術2度乗り越え、夢実現へ 愛知の男性 »
« 最新のがん治療法を紹介 金沢信金セミナー