携帯電話:がんとの関係、WHO機関が調査

携帯電話:がんとの関係、WHO機関が調査

 【ジュネーブ共同】携帯電話が発する電磁波が脳腫瘍(しゅよう)などのがんを引き起こす恐れについて、世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は16日までに「携帯電話の使用が脳腫瘍の発生の危険を増やすとは認められない」とする、過去最大規模の国際調査の結果をまとめた。

 調査は日米欧など世界13カ国で脳腫瘍の患者と健康な人、計約1万3000人と面談。携帯電話の使用頻度や使用期間ごとに細かく分類し、患者と健康な人の人数が各層でどう違うか調べた。

 その結果、もっとも累積使用時間が長い「1640時間以上」使った人の割合が、神経膠腫(こうしゅ)患者で健常者の1・4倍という数字を示すなど、一部の層に携帯使用と腫瘍の因果関係を示唆する結果も出た。しかし、同機関はいずれも「統計の偏りや誤差による限界があり、因果関係があるとは解釈できない」と結論づけた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小6集団接種、大田原市が開始 子宮頸がん予防ワクチン 全国で初実施 栃木 »
« チョン・ジョグク夫妻が小児がん患者支援