歌手の久美子長野ロフリーさんが「オリビアを聴きながら」「愛燦々」などを披露

歌手の久美子長野ロフリーさんが「オリビアを聴きながら」「愛燦々」などを披露

乳がんの啓発活動を行う「ピンクリボン in SAPPORO」実行委員会は20日、札幌医科大学附属病院(中央区大通西16丁目)で、入院患者のためのロビーコンサートを開く。

 「ピンクリボン」は、1980年代にアメリカで生まれた乳がん撲滅運動のシンボルマーク。同名での乳がん撲滅キャンペーンは世界規模で行われている。「ピンクリボン in SAPPORO」は07年、市内の乳がん患者や体験者、支援者らで設立。医療者や患者、その家族と一般市民との交流の場を設け、早期発見・治療の大切さを呼び掛けている。

 コンサートは乳がん患者に限らず、不安や寂しさを感じることが多い入院患者を元気づけることが目的。当日は午後6時30分からオーストラリア在住の歌手・久美子長野ロフリーさんが、「愛の讃歌」「オリビアを聴きながら」「愛燦々」「別れの朝」など、誰もが口ずさめる歌を1時間披露する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生命の駅伝:がん研究の資金募る 出発、初日は桑名から鈴鹿 /三重 »
« がんを生きる:/68 励ましの便り/下 記事が道を示してくれた /大阪