京大病院「がん病棟」完成…任天堂相談役 ほぼ全額寄付

京大病院「がん病棟」完成…任天堂相談役 ほぼ全額寄付

京都大病院(京都市左京区)で、がん治療の中心となる新病棟「積貞棟(せきていとう)」=写真=の完成記念式典が18日、行われた。高さは31メートルで、2007年に導入された新景観政策による高さ規制(20メートル)を上回ったが、京都市は、公共性が高く、景観にも配慮しているとし、特例として初めて規制を除外した。今月末に診療を始める。

 新病棟は地上8階地下1階建て、延べ床面積は約2万平方メートル。放射線治療科、血液・腫瘍(しゅよう)内科、呼吸器外科、消化管外科、泌尿器科などがある。

 08年7月に着工し、総事業費約75億円のほぼ全額を、任天堂相談役の山内溥(ひろし)さん(82)が寄付していた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


三井造船:肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁 »
« 子宮頸がん:県、予防ワクチン接種費用の一部助成へ 都道府県で2例目 /山梨