山梨、子宮頸がんワクチンに助成 上限1万5千円

山梨、子宮頸がんワクチンに助成 上限1万5千円

山梨県の横内正明知事は19日、子宮頸がんを予防するワクチン接種で、1人当たり1万5千円を上限に助成すると発表した。県によると、都道府県の助成制度は、東京都に次いで2例目。

 6月の定例県議会に提出する補正予算案に助成費用約6300万円を計上する。

 横内知事によると、接種対象は小学6年生と中学3年生。接種費用の補助制度を設けた市町村に、補助額の半額を助成する。上限は1万5千円。県内では甲府市など一部の市町村がすでに補助制度を設ける意向を示しているという。

 子宮頸がんの予防ワクチンの接種費用は1人当たり4万5千円以上。横内知事は「高額でなかなか接種が進まない。早急に対応しようと助成に踏み切った」と述べた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン接種費助成へ…山梨県 »
« 「肺がん」と「ウイルス肝炎」