子宮頸がん:予防接種、9月めどに助成開始 対象者、ほぼ無償--甲府市 /山梨

子宮頸がん:予防接種、9月めどに助成開始 対象者、ほぼ無償--甲府市 /山梨

 子宮頸(けい)がんの予防ワクチン接種への助成について甲府市は19日、9月をめどに始めると発表した。対象者はほぼ無償で接種を受けられることになる。市は6月定例市議会に関連の補正予算案を提出する。

 対象は小学6年生と中学3年生で市内に約1800人いる。4~8月に接種した人もさかのぼって助成する。

 接種費用は1回1万5000円が一般的。半年以内に3回接種する必要があり、1人に4万5000円を上限に助成するが、うち1万5000円は県の助成で賄う。予算額については接種率などを検討した上で確定する。

 宮島市長は同日の定例記者会見で「着実に接種してもらえる環境を早期に整えたい」と話した。

 一方、横内正明知事も同日「できるだけ多くの市町村に助成制度を発足させてもらいたい」と語った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エーザイ、米国ノース・カロライナ工場に抗がん剤の注射剤生産棟を開設 »
« 街道徳尾さん死去、がんと闘いながら落語家に