乳がん早期発見へ、10月第3日曜検診協力を…岡山

乳がん早期発見へ、10月第3日曜検診協力を…岡山

大阪のNPO、医療機関に呼びかけ
 NPO法人「J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)」(大阪市)は、乳がん啓発強化月間中の10月第3日曜に乳がん検診を受けられるよう協力してくれる医療機関を、7月中旬まで募っている。

 仕事や子育てで平日の受診が難しい人らを対象に同法人が取り組む「ジャパン・マンモグラフィーサンデー」で、「受診環境を整えることで、早期発見、治療につながる。協力してくれる医療機関が増えれば」と呼びかけている。

 取り組みは2009年度に始まり、同年度は全国で218医療機関、県内では3医療機関が協力。「子どもが小さく、日曜なので夫に預けられた」「仕事をしており、平日は病院に行くとは言えない雰囲気。日曜に受診でき、ありがたかった」「毎年、10月第3日曜と決まっていれば、忘れなくてよい」などの感想とともに、取り組みの広がりを望む声も多数寄せられた。

 今年は、県内では▽岡山大福クリニック(岡山市南区大福、086・281・2020)▽水島協同病院(倉敷市水島南春日町、086・444・3211)――の2医療機関が協力することが決定している(いずれも予約が必要)。

 同法人によると、07年度の全国平均受診率は7%。事務局は「検診の重要性を知っていても、環境が整わなければ受診率は伸びない。取り組みが定着し、さらに国を挙げたものになれば」としている。

 医療機関からの問い合わせは同法人(06・6910・2900)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん専門薬剤師の広告が可能に »
« 高額ながん治療薬、英大手スーパーが原価で販売