エーザイ、米で抗がん剤の生産棟を開設

エーザイ、米で抗がん剤の生産棟を開設

エーザイは20日、米ノースカロライナ州の医薬品製造工場内に抗がん剤の生産棟を開設したと発表した。日米欧の審査当局に今年3月末に承認申請した乳がん治療薬「エリブリン」(一般名)の生産を今年8月に開始する。治療薬市場が拡大するがん分野の事業強化につなげる。新生産棟の投資額は約1億ドル。抗がん剤など注射剤の製剤化研究や製剤の生産を手掛け、日欧米などグローバルに製品供給する。総面積は約6000平方メートルで、バイアルの生産能力は年間500万本。今年11月には治験薬の生産も始める。同棟では当面、エリブリンを生産する。また開発を進めている複数の新規抗がん剤を生産することも視野に入れている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


リレー・フォー・ライフ:がん患者ら交代で24時間歩き、励ます--あすから /茨城 »
« がん検診:500円のワンコイン検診紹介 名古屋市がガイド冊子作成 /愛知