広島が乳がん早期発見啓発運動に協力 

広島が乳がん早期発見啓発運動に協力 

広島は23日、6月19日にマツダスタジアムで行うヤクルト戦で「ピンクリボンdeカープ」を実施し、乳がんの早期発見、治療を啓発するための運動に協力すると発表した。協賛チケットを内外野席1000人分販売し、希望者の中から抽選で100人にマンモグラフィ検診を行う。会見に参加した野村監督は「たくさんの家族に、家族ぐるみで意識を持ってもらえれば」と、話した。問い合わせは広島東洋カープ地域担当部(TEL082・554・1000)へ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【葬送】乳がん患者で医師、小倉恒子さん「私にしかできないことある」 »
« 乳がんの正しい知識など学ぶ 山形でフォーラム