エーザイ、がん領域の開発品・製品に関する最新試験データを発表

エーザイ、がん領域の開発品・製品に関する最新試験データを発表

2010年5月24日
エーザイ株式会社

米国臨床腫瘍学会年次総会で新規抗がん剤「エリブリン」の局所再発性・転移性 乳がんに対する
最新の第III相試験結果を中心にエーザイのがん領域の開発品・ 製品に関する最新試験データを発表

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、2010年6月4日から8 日まで米国シカゴで開催される「第46回米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology:ASCO)年次総会」において、当社の開発品・製品に関する転移性乳がん、卵巣がん、非小細胞肺がん、転移性脳腫瘍、T細胞性リンパ腫等の最新試験データ15報の発表が受理されたことを公表しました。

 特に注目すべきは、新規抗がん剤「エリブリン(一般名)」についてグローバルで実施された第III相試験(EMBRACE試験:Eisai Metastatic Breast Cancer Study Assessing Physician’s Choice Versus E7389)に関する最新試験データの口頭発表です。本試験は、少なくとも2種類のがん化学療法(アントラサイクリンおよびタキサン系抗がん剤を含む)による前治療歴のある局所再発性・転移性乳がんの患者様を対象に、エリブリン投与群と治験医師選択療法施行群の2群に分けて実施された、多施設、無作為化、非盲検、並行2群間比較試験です。

 当社は、かねてよりがん関連領域を重要なフランチャイズ領域と位置づけて、重点的に資源配分をしてきました。今回のASCOでの発表は、当社のがん関連領域における開発品・製品のポートフォリオ戦略、および近年の前臨床・臨床での研究成果の集大成となります。

 当社は、患者様とそのご家族のベネフィット向上に貢献するというヒューマン・ヘルス・ケア(hhc)理念に基づき、がん関連領域においてグローバルな研究開発、生産に積極的に取り組むことで、がん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/69 乳がん/上 8カ月放置し悪化 /大阪 »
« 中津市が口腔がん検診 自治体主体は県内初