地域のがん 現状知って 堺の医師らが冊子

地域のがん 現状知って 堺の医師らが冊子

堺市堺区の市立堺病院の医師らが、同市内のがんに関するデータをまとめた冊子「堺市のがん」を発行した。同病院によると、市単位でデータをまとめて冊子を作成するのは例がないという。

 平成17年の調査で、府内のがん死亡率が、女性は全国ワーストワン、男性は青森県に次いで2番目に多い実態を紹介。そのうえで、人口10万人に対してがんで死亡した人数を、全国、府、堺に分けてグラフで表示した。

 男性では、全国202人、府235・4人に対して、堺市242・6人。女性は全国99・2人、府112・2人に対して、堺市116・1人と、堺市の死亡率は府、全国平均をともに上回っている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/58 「死を忘れた日本人」へ »
« がん治療:最新の放射線治療機導入、威力発揮--聖隷三方原病院 /静岡