がん治療:最新の放射線治療機導入、威力発揮--聖隷三方原病院 /静岡

がん治療:最新の放射線治療機導入、威力発揮--聖隷三方原病院 /静岡

がん治療に威力を発揮する世界最高性能の放射線治療機が、地域がん診療連携拠点病院の聖隷三方原病院(浜松市北区)に導入された。国内では5機目で、県内での導入は初めて。この治療機を使うことで患者の負担を減らしながら、より精度の高い治療ができるという。31日から使用を始める。

 放射線治療は体内のがん組織を狙って放射線を照射し、外科手術をせずにがんを焼き切る。臓器の形態や機能を温存できるため、治癒後のQOL(生活の質)が高いという。また、体力面から外科手術が難しい高齢者の治療にも生かしやすい。

 今回導入した治療機は、▽赤外線で体表▽X線透視画像で骨格▽CT(コンピューター断層撮影装置)で内臓--のそれぞれの動きを把握し0・1ミリの誤差でずれを補正する。また放射線ビームの射出口は2・5ミリ刻みで形状を変えられる。こうした機能で、正常な組織をできるだけ傷つけずに正確な照射ができ、治療時間も短縮できるという。

 同病院は、従来の機器と合わせて2台体制で治療に当たる。放射線治療科の山田和成部長は「新しい治療機で、より精密、安全な最先端の治療が受けられる」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


地域のがん 現状知って 堺の医師らが冊子 »
« 乳がん発症抑制 DNA修復の仕組み解明 理研