抗がん剤過投与 重体 九大別府先進医療センター

抗がん剤過投与 重体 九大別府先進医療センター

 大分県別府市の九州大学病院別府先進医療センターは27日、入院中の70代の男性患者に抗がん剤を過剰に投与し、男性が多臓器不全などで意識不明の重体になっていると発表した。

 同センターによると、男性は食道がん治療のため4月12日に入院。19-23日、26-30日の2週間、抗がん剤治療を受けた。この際、主治医の40代の男性外科医が、別の治療法の投薬量と混同し、適量の1・5-2・8倍を投与。主治医は「思い違いで投薬量を誤った」と話しているという。

 センターは5月6日の血液検査で投薬ミスに気付き、男性は同14日から意識不明になっている。

 会見した久保千春・九州大学病院長は「患者さんとご家族の信頼を裏切り深くおわび申し上げたい」と謝罪した。

 センターでは、他の医師や薬剤師、看護師が患者の投薬計画全体を把握していなかったことが、ミスにつながったとして「計画を共有し、病院全体のチェック態勢を強化したい」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


投与ミスで患者重体=抗がん剤、過剰に-九大別府センター »
« 前立腺がんを新たに追加