膵臓がん撲滅訴え行進

膵臓がん撲滅訴え行進

患者支援団体らあす仙台
膵臓(すいぞう)がんのことをもっと知ってもらおうと、この病気で妹を失った男性(62)らのグループが29日、市民と一丸になって仙台市内を練り歩く啓発イベントを行う。膵臓がんは自覚症状に乏しく、見つかった時は進行していることが多い。男性は、妹が末期になるまで気付けなかった無念さから「診断されてからでは手遅れで、決して他人事とはいえない病気。体を気遣うきっかけにしてほしい」と参加を呼びかけている。

 このイベント「パープルリボンウオーク」を企画したのは、患者支援のNPO法人「パンキャンジャパン」(東京都)。事務局長の千葉県袖ヶ浦市、真島喜幸さん(62)は4年前、妹の今野喜美子(きみこ)さん(当時49歳)を膵臓がんで亡くした。

 喜美子さんは2004年夏、微熱が続いたことから、都内の病院を受診したが見落とされ、2か所目でがんと診断された。だが、すでに転移していて切除手術はできず、2年間の闘病の末、亡くなった。

 膵臓がんは、5年生存率が5%と、がんのなかで最も低く、抗がん剤も2種類しかない。膵臓は、胃の後ろ側にある長さ15センチほどの臓器だが、会社の健康診断などで行われるエコー検査では、発見されないケースがほとんどだという。喜美子さんのように、診断がついた時点で患者の8割は手遅れとなっており、毎年2万6000人が命を落としている。

 真島さんは06年6月、がんの早期発見を呼びかけようと、遺族らと法人をたちあげた。現在、メンバーは約250人に増え、患者や家族の勉強会や、紫色のリボンを胸元に付けて撲滅を呼びかける「パープルリボンキャンペーン」として、各地でシンポジウムを開いてきた。29日のウオークは初めての試みとなる。

 すでに、患者や医師ら約200人の参加が決まっているが、今からでも参加は可能。当日は、青葉区の錦町公園市民広場を午前9時半にスタートし、2キロと5キロの2コースに分かれて歩く。

 午後1時からは最前線の治療などを紹介する講演会も予定されている。問い合わせは、ウオークが(電)03・3221・1421、講演会が(電)03・5840・6072へ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


前立腺がんを新たに追加 »
« 医師のミスで意識不明に 抗がん剤を過剰投与