子宮頸がん・肺炎球菌・ヒブワクチン3接種全額補助 浦安市

子宮頸がん・肺炎球菌・ヒブワクチン3接種全額補助 浦安市

浦安市の松崎秀樹市長は28日、子宮頸(けい)がん、乳幼児に細菌性髄膜炎を引き起こすインフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)、肺炎球菌の3種類のワクチンについて、接種費用を全額助成する方針を明らかにした。関連予算として1億2430万円を、市議会6月定例会に提出する一般会計補正予算案に計上する。議会で可決されれば、8月から助成を始める。この3種類を全額助成するのは県内初。

 助成対象は、子宮頸がんワクチンは中学1~3年の女子約2500人、ヒブワクチンは生後2か月~4歳の乳幼児約8200人。肺炎球菌ワクチンは、2か月~4歳の乳幼児のほか、65歳以上の高齢者約1万8900人。市医師会加盟の医療機関で保険証を提示すれば、無料で接種できる。

 県内では成田市が4月から、子宮頸がんとヒブワクチンの半額助成を始めた。また、いすみ市が子宮頸がんと乳幼児の肺炎球菌ワクチンについて、8月から全額助成を行う方針。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


肝臓幹細胞:皮膚から作成…国立がん研究センター成功 »
« 子宮頸がん予防ワクチン 浦安市が全額公費負担