子宮頸がん予防ワクチン 浦安市が全額公費負担

子宮頸がん予防ワクチン 浦安市が全額公費負担

浦安市は二十八日、市内に住む中学一~三年の女子生徒約二千五百人を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの個別接種を全額公費負担で実施すると発表した。県内では成田市が四月から半額助成を始め、いすみ市が八月から全額助成の方針を決めている。 (林容史)

 浦安市の接種は八月から、希望者に対して開始。接種費用(三回で五万一千円)は市が負担する。全国では栃木県大田原市が今月十三日に初めて、全額公費負担による集団接種を始めた。

 浦安市は合わせて、生後二カ月~四歳の乳幼児を対象に細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン、六十五歳以上を対象に高齢者用肺炎球菌ワクチンの接種費用の全額負担も始める。県健康づくり支援課は「四種類のワクチン接種費用を全額公費で負担するというのは聞いたことがない」としている。

 市は、子宮頸がん予防ワクチンの接種率を20%と見込み、接種費用を約二千五百八十六万円と算出。四種類のワクチン接種費用として計一億二千四百三十万円を補正予算に計上し、来月四日開会の六月定例市議会に提案する。

 子宮頸がんは、性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染で発症する。国内では年間約一万五千人が発症し、約三千五百人が死亡。予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、半年間で三回の接種が必要で費用も高額になる。

 浦安市健康増進課は「子宮頸がん予防ワクチンの接種助成について検討する中で、接種費用が高額で死亡につながる(乳幼児や高齢者の)肺炎予防についても助成が必要と判断した」と説明する。

 市は来年度以降も助成を継続する方針。二十五日には、定期的な予防接種化と国の負担を求める要望書を厚生労働相に提出した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん・肺炎球菌・ヒブワクチン3接種全額補助 浦安市 »
« 【書評】『9割の医者は、がんを誤解している!』岡本裕(ゆたか)著