癌闘病牧師と偽って金をだまし取った40代

癌闘病牧師と偽って金をだまし取った40代

ソウル水棲警察署は肝臓癌を乗り越えた牧師だと偽り、癌闘病者や家族から金をだまし取った疑いでカン容疑者(47)を非拘束立件した。

カン容疑者は去年11月、自分を牧師と紹介し、虚偽の癌闘病期を盛ったブログを作り、関心を見せた3人から900万ウォン余りをだまし取った疑いだ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


早大、がん患者向けコルセット開発-「筋電」使い寝返りの苦痛緩和 »
« 笑いの渦でがん「退散」 桂枝光さん招き落語会 札幌