笑いの渦でがん「退散」 桂枝光さん招き落語会 札幌

笑いの渦でがん「退散」 桂枝光さん招き落語会 札幌

 札幌市在住の上方落語家桂枝光さんを招いた落語会「笑ってがんを吹っ飛ばそう!」が30日、同市白石区の北海道がんセンターで開かれ、会場が笑いの渦に包まれた。

 子宮がんや卵巣がんなど婦人科がんの体験者や支援者でつくる「アスパラの会」(大島寿美子代表世話人)が発足6周年を記念して開催。患者ら約50人が詰めかけた。

 家族のぜんそく治療のため、1991年に大阪から札幌に移住し、市民寄席を主宰している桂さんは、3演目を披露。古典落語の大ネタ「愛宕山」では、春山を登る京都のだんなと大阪の太鼓持ちの掛け合いを軽妙に演じ、観客は腹を抱えて笑っていた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


癌闘病牧師と偽って金をだまし取った40代 »
« 群馬大が重粒子線がん治療 国内3カ所目、国立大初