群馬大が重粒子線がん治療 国内3カ所目、国立大初

群馬大が重粒子線がん治療 国内3カ所目、国立大初

群馬大(前橋市)は6月1日から、放射線の一種の重粒子線を使用したがん治療を始める。群馬大によると、重粒子線の治療施設は放射線医学総合研究所(千葉市)、兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市)に続き国内で3カ所目、国立大では初めて。

 重粒子線治療は正常組織への影響が少なく、早期の肺がんなど、体の奥にあるがんにも短期間で効果があるという。施設は1月に完成。3月に厚生労働省から施設の使用承認を受け、準備していた。将来的には年間約600人の治療を目指す。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


笑いの渦でがん「退散」 桂枝光さん招き落語会 札幌 »
« 「がん患者にかつらを」