注目銘柄】テラが新たな抗がん製剤などの開発に向け北海道大学と研究契約

注目銘柄】テラが新たな抗がん製剤などの開発に向け北海道大学と研究契約

東大出身の研究者ベンチャー企業テラ <2191> は6月1日、北海道大学と新たな抗がん製剤などの開発に関連する共同研究契約を締結と発表した。

  テラは、「樹状細胞」を利用して特異的な細胞を誘導させ、がんを効率的に狙い撃つ樹状細胞ワクチン療法の技術・ノウハウを医療機関に提供している。発表では、同大学遺伝子病制御研究所の西村孝司教授が発見した物質を利用すると新たな誘導が著しく促進されることなどをベースに、ワクチン療法の効果を相乗的に高めることを目指す。

  1日の株価終値は1090円(79円安)となり小反落。5月26日につけた安値956円から3日続伸で出直った後の一服商状となった。下値が固まる動きとなっている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(上) »
« テラが北海道大学と共同研究契約を締結、がんの治療法開発へ