がん攻撃細胞を大量作製 iPS利用、マウス実験

がん攻撃細胞を大量作製 iPS利用、マウス実験

がんを攻撃する免疫細胞の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製、このiPS細胞からNKT細胞を大量に作るマウス実験に成功したと、理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの古関明彦グループディレクターらが1日付米科学誌電子版に発表した。

 NKT細胞はがん細胞を直接殺すほか、免疫にかかわるほかの細胞を活性化させ、がん治療に有効とされるが、数を増やすのが難しかった。iPS細胞から大量に作製し体に戻せば効果が改善するとみられ、同センターの渡会浩志上級研究員は「人間への応用を目指したい」と話している。

皮膚などの体細胞をもとに作ったiPS細胞から免疫細胞へ分化させると、がん細胞を攻撃するのは一部だけになる。免疫細胞ができる過程で遺伝子が再構成され、特定の抗原(攻撃目標)だけに反応するためだ。

 渡会さんらは、遺伝子が再構成されたNKT細胞からiPS細胞を作れば、がんを攻撃する細胞だけが大量にできると想定。マウスの脾臓(ひぞう)からNKT細胞を分離し4遺伝子を導入してiPS細胞を作製、これからNKT細胞を作った。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


iPS細胞でのがん治療に光 理研がマウスで成功 »
« iPSで免疫力強化、皮膚がんマウス大幅に延命