特定商取引法違反・薬事法違反:「がん治る」と健康食品販売 2容疑者送検 /滋賀

特定商取引法違反・薬事法違反:「がん治る」と健康食品販売 2容疑者送検 /滋賀

「がんや糖尿病、高血圧が治る」とうそを言って、実際には効果のない健康食品を販売したとして、草津署は1日、大阪府岸和田市別所町2、健康食品販売業、木元和幸(49)と堺市中区深井清水町、健康食品販売員、南出拓(24)の2容疑者を特定商取引法違反(不実告知など)と薬事法違反(未承認医薬品販売)の疑いで逮捕、大津地検に送検したと発表した。木元容疑者は「がんに効くとは言っていない」と否認、南出容疑者は黙秘しているという。

 逮捕容疑は、今年2月、ダイレクトメールを見て草津市内の店舗に来た同市内のいずれも70歳代の女性2人に、キノコ粉末が主成分の健康食品を「がんなどに効く」と3個ずつ計6個(計9万円)販売した、とされる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


テラ株が半月ぶり高値、北大とがん細胞療法開発で提携-認知度向上 »
« 小児癌(がん)生存者の心疾患に遺伝子変異が関連