アクサ生命、収入保障型がん保険の発売開始

アクサ生命、収入保障型がん保険の発売開始

「アクサ生命保険」が、日本で初めて収入保障型のがん保険の販売を2日から始めた。

 この保険は、規定以上の保険料を一定以上の期間、毎月払い込めば、がんに罹患(りかん)した際に保険金が年金形式で支払われるもの。がん治療が入院治療ではなく通院治療が増えている中、入院の日数に合わせて保険金が支払われるものでは十分な保障が得られない例が増えてきていることに目を付けた。

 働く独身女性を対象にしたマーケット調査で開発されたもので、マーク・ピアソン社長は「日本の保険市場が縮小傾向にある中、独身女性の市場は今後も成長することが見込まれ、力を入れたい」と意気込みを語った。

 アクサ生命では、30~40歳代の働く独身女性への営業を強化するため、専門の営業組織も立ち上げている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児癌(がん)生存者の心疾患に遺伝子変異が関連 »
« 子宮頸がん予防に県内初の公費助成へ、中学生対象のワクチン接種/鎌倉市