子宮頸がん:鎌倉市、予防接種の一部費用を助成--今年度から /神奈川

子宮頸がん:鎌倉市、予防接種の一部費用を助成--今年度から /神奈川

鎌倉市は2日、今年度から、子宮頸(けい)がん予防ワクチン接種の一部費用を助成すると発表した。県内では初めて。

 同ワクチンは1回目の1カ月後と半年後の計3回の接種が必要で、ワクチン代計3万6000円を市が助成し、接種費用(1回あたり3000円前後)は自己負担となる。

 対象は市内在住で中学と小学校高学年の女子生徒・児童。今年度は中3、2▽11年度は中2、1▽12年度は中1と小6▽13年度は小6、5▽14年度以降は小5の女子の任意での接種を実施する。

 今年度の1回目は8~9月を予定している。同市健康福祉部は、アレルギーや副作用の心配などで接種を避けるケースを除き、8割程度の生徒が接種を受けると見込んでいる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エーザイ、新規抗がん剤が米で優先審査品目に指定 »
« ホルモン療法は乳がんリスクを引き上げない、英研究