子宮頸がん:予防ワクチン接種に助成--えびの市 /宮崎

子宮頸がん:予防ワクチン接種に助成--えびの市 /宮崎

 えびの市は子宮頸(けい)がんの予防ワクチンの接種費用を独自に助成する。1回当たりの接種費用1万7000円前後(概算)のうち、自己負担額を3000円とする。6月補正予算案に必要経費255万5000円を盛り込んだ。

 子宮頸がんの予防ワクチンは日本でも昨年10月に承認され、12月から一般医療機関でも接種が可能になった。半年間に3回接種する必要があるが、法定外の任意予防接種のため高額で、3回で計5万円前後が必要とされる。

 えびの市は、自己負担3000円以外の経費を公費助成する。市内の中学3年女子92人を対象に当面、50人分を予算化した。

 県内では西米良村が今年度から、中学1~3年生女子11人を対象に全額助成を決めている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん、子宮頸がんは無料券で早期検診を 千歳、恵庭市が配布 特定年齢の女性対象 »
« 広がる子宮頸がんワクチン助成 浦安は3種を全額