ピンクリボンフェス10月17・18日神戸

ピンクリボンフェス10月17・18日神戸

早期発見に懇願するピンクのリボンフェスティバル、早期診断、および乳癌の早期治療は「乳癌月」の10月に神戸市で開催されます。 今年の6番目の何倍もなる神戸大学協会は、17であり、18はdayssの両方です。 シンボルにはピンクのリボンがあります、そして、それはメーンエベントのシンポジウム、散歩などで存在しています。 (Hiroko志生野)

乳癌患者の数は毎年、日本で増加します。 90パーセントが推定される間の20人の女性という1人が毎年あたりの乳癌40,000の人々に得る早期発見で回復すると言われています。 ピンクのリボン活動は合衆国で80年代、および来年国で神戸の03で日本政府によって始められたフェスティバルでアクティブになりました。

PRにおける、定期的な診察の重要性をする「微笑散歩」(朝日新聞と朝日放送の後援)は、神戸市の中央区の東遊園地のような17日の出発点で2つのコース(10キロと5キロ)です。 スポーツ放送アナウンサーの乳癌、次晴Ogiwara、および乳癌に着く経験から講演旅行を続けているテレビタレントKuniko山田のため母親を失ったシンガーソングライターの小野Yasuyukiは参加します。 胸部X線写真によるも診察(先願)があります。

シンポジウム(朝日新聞と日本対癌の社会後援)は18日の午後1時からの神戸市の中央区ポート島の那珂町における6丁目の神戸po-topiaho-Ruです。 専門家はさん/さん以外に最新の治療法に関してそれについて講義します。 山田は自己の経験に関して話します。

【微笑散歩】
午前10時30分の5キロはそうです。10キロ。 11:30 leave2,000摩耗の人々は先でそれぞれ勢いよく流れます。 入会手続料一般的な1,000円(当日1500円)、学童500円(800円)、および就学前児童は自由です。 当日定員に達しないときだけ、それは受け入れます。 胸部X線写真診察は、適用して、適用できて、ロットに応じて、いろいろな事の場合に相談時間などを勝者だけに郵送します。 アプリケーション: 特別な電話(0570・037・846)とインターネット( http://www.sportsentry.ne.jp )から。 10月7日の締め切り。 問い合せ: 事務局(0120・711・951)を押して行くために。

【シンポジウム】
それらは最初の1,000人です、そして、それは無料です。 Furigana)、時代、郵便番号、アドレス、および電話番号が明確に説明される、そして、それ。はがき。 ..”「神戸ホールの望み。」 ..料金ファックス(03・5565・4669)とそれの東京中央区銀座4-14-4-201「ピンクのリボンシンポジウム神戸ホール」人は..Internet( http://www.asahi.com/pinkribbon2009/event/symposium/index.html )…を受け入れます。名前、(それを郵送する、〒104・0061 問い合せ: シンポジウム事務局(03・5565・7095)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


武田薬品のパニツムマブ、KRAS野生型の大腸がんに有効 »
« 鳥取赤十字が辞退 がん診療連携拠点