室蘭・日鋼記念病院にピンクリボン支援販売機を設置

室蘭・日鋼記念病院にピンクリボン支援販売機を設置

日鋼記念病院の1階総合玄関に、このほど北海道コカ・コーラボトリングのピンクリボン活動支援自動販売機が設置された。1本当たり2円を北海道対がん協会へ寄付する。
同活動は、乳がんの早期発見、早期治療を訴える国際運動。各地で支援自販機の設置が進んでおり、同社製支援自販機は道内で4カ所、室蘭では同病院が初めてだ。

 自販機は同病院1階の正面玄関を入って左側に設置された。本体がピンク色で統一されて、シンボルマークのリボンや運動の趣旨が記されている。

 地域がん診療連携拠点病院でもある同院の広報を務める萩生田貴久美さんは「予防啓発になれば。北海道のがん撲滅活動の広がりに向け、多くの人たちに利用してもらいたい」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【ATL―成人T細胞白血病―制圧へ】支援策探るシンポ 5日福岡市で 登壇者に聞く »
« がん、保険診療を無料化…東京都日の出町