福岡、牛白血病の枝肉を出荷 既に回収、外部に流通せず

福岡、牛白血病の枝肉を出荷 既に回収、外部に流通せず

福岡市は8日、牛白血病にかかった和牛の枝肉約125キロが誤って食肉処理業者に出荷されていたと発表した。枝肉は業者の倉庫に保管され、外部に流通しておらず、市は7日に全量を回収して廃棄処分にした。

 牛白血病は家畜伝染病予防法の省令で定められた届け出伝染病。市保健福祉局によると、感染力は弱く、人が食べても健康に影響はないという。

 和牛は11歳の雌で、5月31日に福岡市食肉市場(同市東区)で解体後、心臓に異常が見つかったことから、精密検査を実施した。ところが、市食肉衛生検査所が一部の検査を終えただけで、検査に合格とパソコンに誤入力したため、枝肉は1日に出荷された。

 出荷後の4日に顕微鏡を使った病理学検査の結果が出て、牛白血病の感染が判明した。衛生検査所の職員は「システムを操作する時に、うっかりして入力した」と説明しているという。

 牛白血病は、アブなど吸血昆虫の媒介で感染し、牛がやせるなどの症状が出る。感染していた場合は廃棄処分しなければならない。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


重体の男性患者死亡=抗がん剤投与ミス-九大医療センター »
« 九重町 接種全額助成へ 子宮頸がん予防ワクチン 県内初 中学生対象に予算案