口のがん、13日に宇都宮で無料で検診 運動用マウスガード紹介も

口のがん、13日に宇都宮で無料で検診 運動用マウスガード紹介も

 【宇都宮】県歯科医師会と日本口腔外科学会県支部は15日の県民の日協賛事業として13日、東武宇都宮百貨店4階で初めての口腔がん無料検診とスポーツマウスガードを紹介するパネル展示を行う。歯を削るなどの治療が長い間メーンだった歯科治療だが、歯の予防・管理に重点を置いた口腔ケアを呼び掛ける取り組みだ。

 「現在、胃や肺などの5大がんの無料検診は行政の後押しで拡大しているが、口の中のがんはあまり知られていない」(県歯科医師会)などとして、県内の専門医が無料検診を受け付ける。

 運動する際に口に入れておくスポーツマウスガードは自らの歯や口腔組織、あごを守るばかりでなく、歯で相手を傷つけることを防ぐとされる。普及に向けパネルで効果などを紹介。実物も展示しながら、個別の具体的使い方についての相談にも応対する。

 午前10時から午後3時。事前申し込みは不要。問い合わせは県歯科医師会電話028・648・0471。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


株式会社ポイント、子宮頸がんの認知度向上、がん検診の普及を目指すキャンペーンを開催 »
« 番組きっかけの乳がん検診 TBSに医師らが中止要望