一龍斎貞水さん:肺がん手術

一龍斎貞水さん:肺がん手術

怪談噺(ばなし)で知られる人間国宝の講談師、一龍斎貞水さん(70)が肺がんの手術を受けていたことが11日、分かった。関係者によると、貞水さんは4月に肺がんが見つかり、今月1日に手術を受けた。回復は順調で12日にも退院し、7月7日に高座復帰する予定という。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


人間国宝の講談師が肺がん手術…肺の一部摘出 »
« 触らず乳がん触診練習 岐阜大グループ“世界初”の装置